【ザクトクラフト ナマズモニター】第3回-なまず釣行記(兵庫県神戸市)

釣行日:2016年4月17日
時間:19:00~20:30
場所:兵庫県神戸市
天候:晴れ
気温:19℃~20℃
風の状態:弱(水面に少し波が立つ程度)
水温:18℃~19℃
水深:30cm~60cm
水の状況:クリア/ドシャロー/そこそこ流れあり

ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_1

前回、ドノーマル状態では微妙な針掛かりなどに少し悩まされたので、今回はZagnaとT-BUDで、スプリットリング×1&フックをもう少し大きいのに交換・テールフックのみというシンプルな構成に変更しました。

ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_2

1.Zagna
なんとなく効果が期待できそうなタコベイトをテールフックに追加で装着してみましたが、若干泳ぎに影響があるかな?くらいでリトリーブ時の試用感はノーマルとあまり変わらないです。
あと、気のせいかも知れませんが、タコベイト付けてないときより、なんとなく、、、よく追い食いしてくれているような気がします。
ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_3
※岩に何度か激突しているうちにカップがグラグラになってしまいましたTT
※実績:2匹(キャッチ)、3匹(バラシ)、たくさん(バイト)

2.T-BUD
今回のポイントは、前回と同じ河川ながら、ドシャロー&ちょいゴロタ場&流れが強めと、ヘタキャストな私はあまりバドを使用しないポイントなのですが、T-BUDなら多分使えます。
※まだ暫く使用してみないと分りませんが、今のところ、岩に何度か激突ぐらいでは、外観は傷だらけになりますが、リップが折れるような致命的なことにはならなさそうです。
ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_4
※実績:0匹(キャッチ)、1匹(バラシ)、1匹(バイト)

今回の釣行では、ドシャローで流れが強めのゴロタ場に大量にナマズちゃんが付いておりました。私の行くポイントでは、だいたい4月下旬~7月初旬頃はこのような傾向にあるので、だいたい例年通りな感じです。
個人的には今の時期のナマズは、非常に激しく動き、なおつ流れの強さと水深の浅さが加わって、非常に迫力のあるバイトシーンが楽しめるので、年間を通して最高に面白い時期だと思います。
ただし、、、ゴロタ場ではルアーのフックやカップが変なところで引っかかってしまい、ルアーをロストする確率もナマズの面白さに比例して高くなりますがww

ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_5 ザクトクラフト_ナマズモニター_20160418_6

今回は、ZagnaとT-BUDに、いつもの私のスタイルである「フック構成のシンプル化」を実施してみましたが、
*ベリーフックとテールフックが絡むようなトラブルはなくなった
*ライン絡みのトラブルが激減
*中途半端な針掛かりはなくなったけど、ノリも悪くなった(いつものこと)
*ブッシュダイブからの強制脱出時でもフックは折れない

といった感じで個人的にはだいぶ使いやすくなったので、暫くはこのスタイルで続けてみたいと思います(ノリは悪くなったけど、トラブルが減った&フックを外す時も短時間で行えるので、イラチの私にはピッタリのセッティングです)。

ことうらシステム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です